MUSIC

ギターロックバンドとしての一つの方向性 / Wilco「Sky Blue Sky」

wilcoはシカゴのロックバンドでオルタナロックのカテゴリーに類するグループですが、僕のようにその手のジャンルが苦手な人間でも名前くらいは知っているという有名なバンドです。彼らの演奏する音楽をオルタナカントリーなんて呼ばれたりもするという事です。なるほど上手い表現だと思います。
そもそもこのCDアルバムをどのようなきっかけで聴いたのかは忘れてしまったのだけれど、すごく気に入って当時このアルバムばかり聴いていたのを思い出します。
ギタリストのネルス・クラインが正式加入した最初のアルバム、wilcoとしては6枚目のアルバム2007年「Sky Blue Sky」の紹介です。

wilcoのアルバムとしては全体的に大人しい内容で、ルーツィというか往年のアメリカンロックの延長上にある位置付けです。
僕はこれが最初に聴いたアルバムだったので、他のアルバム聴いてみたら全然違うので、実を言うとwilcoでこのアルバム以外で、継続して聴いているものは殆どありません。
ちょっと特別なくらいこのアルバムは良い塩梅なのです。
最初1曲目から5曲目の流れが実にいい。派手な楽曲は少ないけど、アルバム全体通して流れる雰囲気が良い。
端々にネルス・クラインの癖のあるギターがいいアクセントとして機能しています。
特にこの3曲目「Imppossible Germany」

1

2

存在としてのオルタナ / NEIL YOUNG 「Homegrown」前のページ

ミニマムでローファイなポップバンド / Men I Trust 「ONCLE JAZZ」次のページ

関連記事

  1. MUSIC

    夏の音楽 3選 / TAMBA TRIO 「Avanco 」いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ「アワ…

    足を怪我しまして、日課のランニングも出来なくてアウトドアにも行けず、…

  2. MUSIC

    ご挨拶と自己紹介 THE FEARLESS FLYERS 「Flyers Direct」

    ひょんなことからブログを始める事になりました。1970年生まれ。職業…

  3. MUSIC

    ドクタージョンとAOR / CITY LIGHTS ’78

    DR.JOHNと言えば有名なニューオリンズのピアニスト&シンガーで、…

  4. MUSIC

    キャンプで薪ストーブ / Madeleine Peyroux

    キャンプに最も適した季節は言うまでもなく、春と秋です。10月なんかは…

  5. MUSIC

    名裏方ミュージシャン / 佐藤博 「awakening」/ 鈴木茂&ハックルバック

    すっかり肌寒くなってきました。特に朝晩は。ランニング時のスタイルもタ…

  6. MUSIC

    オルガンジャズの巨匠 / JIMMY SMITHのアルバムあれこれ

    前回に今回もまた引き続きジャズと言われるような分野の話です。退屈です…

CATEGORY

POST

  1. リーズナブルで使えるフライパン / UNIFLAME ちびパ…
  2. キャンプで薪ストーブ / Madeleine Peyroux…
  3. ミニマムでローファイなポップバンド / Men I Trus…
  4. いろいろ使えるチタンマグ雪峰M / Miss Mojo 「F…
  5. 心落ち着けるソロピアノ / KEITH JARRETT 「M…
  6. 夏の音楽 3選 / TAMBA TRIO 「Avanco 」…
  7. クッカー マトリョーシカ / SWEET MENU 阿川泰子…
  8. 川面で逢いましょう / Khruangbin 「White …

RSS LAKERIVER DESIGN LTD.

  1. CAMP

    灯油ランタン FEUERHAND / BEN SIDRAN 「Subterran…
  2. MUSIC

    ドライブに最適なミュージックは? / CHIC 「Le Freak」
  3. MUSIC

    雨が似合う夜 / Brook Benton 「Rainy Night In Ge…
  4. MUSIC

    ご挨拶と自己紹介 THE FEARLESS FLYERS 「Flyers Dir…
  5. MUSIC

    夏の音楽 3選 / TAMBA TRIO 「Avanco 」いしだあゆみ&ティン…
PAGE TOP