TOOLS

クッカー マトリョーシカ / SWEET MENU 阿川泰子

さて今日のBGMです。
阿川泰子さんといえば、ご存知日本を代表する女性ジャズシンガーですが、こちら’80年のサード・アルバム「SWEET MENU」は、当時人気のポップソングをカバーしてみましたという内容のものです。
1980年ですから僕が小学校3年か4年、ちょうど松田聖子さんが「裸足の季節」(いい曲ですね)でデビューした年です。実に40年前。

阿川泰子=ジャズボーカルを期待して聴くと思い切り肩透かしをくらう程に、全くジャズではなくポップソングそのものなのですが、これが歌もサウンドも今聴くといい感じにポップ作用して絶妙な塩梅なのです。
今風の表現するならシティ・ポップ、和モノグルーヴとも言えるでしょう。

ダイアナ・ロスのIT’S MY HOUSE、スティーブン・ビショップのNEVER LETTING GO 、と当時のポップヒット曲のカバーが中心の数々の楽曲の中から中からまずはボズ・スキャッグスのHARD TIMESをどうぞ。

続いてビリー・ジョエルの超有名曲NEW YORK STATE OF MINEで本日はお別れです。ひときわメローな曲です。
とろけるようなイントロやソロパートのギターは松木恒秀さんでしょうか?
阿川泰子さんの声も若々しく、でも歌唱力と表現力はやはり絶品です。

あと、阿川泰子さんというと古舘伊知郎さんとの昔のトーク番組「おしゃれ30・30」を思い出すなあ。
ゲストも、普段あまりトーク番組に出ないような役者やミュージシャンの話なんかが聞けたりして、いい番組でした。最後に生演奏をバックに阿川泰子さんがジャズのスタンダードを歌うのですが、この構成も良かった。毎回楽しみに見てました。
ちなみにこの番組の音声さんはスインギンバッパーズの吾妻光良さんです。これはどうでもいい話ですが。


固定ページ:
1

2

川面で逢いましょう / Khruangbin 「White Gloves」前のページ

名脇役 スゥイートでメローなR&Bギター / DAVID T. WALKER次のページ

関連記事

  1. TOOLS

    湖上で逢いましょう/ NORDISK KALI DIAMOND 10 / FUJITA CANOE …

    9月1日から東京、大阪、大阪と3週間に渡って行われたORDINARY…

  2. TOOLS

    緑のナイフ OPINEL No.8 OLFAWORKS / MAC DEMARCO 「One …

    今回はナイフのお話。上が僕が毎回キャンプに持って行く定番のナイフ、O…

  3. CAMP

    MSR 燃料ボトルとウィスパーライト / MSR Whisperlite International…

    今さらこんな旧式のクッカーストーブあんまり使っている人いないと思うけ…

  4. CAMP

    灯油ランタン FEUERHAND / BEN SIDRAN 「Subterran Homesick …

    今日は奥深いランタンの話。たくさんの種類があり、それぞれに拘りやウン…

  5. MUSIC

    キャンプで薪ストーブ / Madeleine Peyroux

    キャンプに最も適した季節は言うまでもなく、春と秋です。10月なんかは…

POST

CATEGORY

  1. MUSIC

    夏の音楽 part2  The Oldians 「Wandering Soul」…
  2. TOOLS

    湖上で逢いましょう/ NORDISK KALI DIAMOND 10 / FUJ…
  3. MUSIC

    ご挨拶と自己紹介 THE FEARLESS FLYERS 「Flyers Dir…
  4. MUSIC

    名脇役 スゥイートでメローなR&Bギター / DAVID T. WAL…
  5. MUSIC

    ドクタージョンとAOR / CITY LIGHTS ’78
PAGE TOP