MUSIC

名セッションピアノマンの初期2枚のアルバム / Richard Tee 「Strokin’」「Natural Ingredients」

今回は、60年代半ばからセッションマンとして実に400枚以上のアルバムに参加してきたブルックリン出身の黒人キーボーディスト、リチャード・ティーのファーストアルバムとセカンドアルバムの紹介です。

僕は70年代の「STUFF」の活動でリチャード・ティーを知り、その後はキーボードのクレジットにこの人の名前を見つけると買っていました。
ピアノを弾いてもローズを弾いてもこの人ならではの手クセというか雰囲気がありすごく好きなのです。
グローヴァー・ワシントン・ジュニアの一連のアルバムや勿論スタッフのアルバムで数々の名演が聴けます。
そんな彼がソロアルバムをリリースするのは78年の「STROKIN’」が初めての事で、ずいぶん遅いスタートです。
そして、その長い音楽キャリアにしては、結局生涯を通してリーダー作はたった5枚しか残していません。

まず、ファーストのジャケット写真に大きくゴルフボールが写った青いアルバム。ゴルフのティー(ボールを乗せるピンのこと)と自身の名前のティーをかけた壮大なダジャレ。苦笑。
うって変わって中身は最高です。

アルバムタイトル曲「STROKIN’」中盤からの強烈な左手のリズミックなパターンはこの人ならではの持ち味ですね。
おもわず身体が乗り出します。
最後の曲「TAKE THE A TRAIN」スティーブ・ガッドとのコンビで演奏のこの斬新な「A列車で行こう」は、リチャード・ティー節炸裂で、ソロアルバムならではの収録曲です。

1

2

元祖ジャパニーズAOR / SHOGUN 「SHOGUN」「Rotation」前のページ

ロックンロール!!初期のビートルズ / THE BEATLES 「Beatles For Sale」次のページ

関連記事

  1. MUSIC

    存在としてのオルタナ / NEIL YOUNG 「Homegrown」

    ニール・ヤングといえば、70年代から活躍しているカナダ出身のミュージ…

  2. MUSIC

    オルガンジャズの巨匠 / JIMMY SMITHのアルバムあれこれ

    前回に今回もまた引き続きジャズと言われるような分野の話です。退屈です…

  3. MUSIC

    雨が似合う夜 / Brook Benton 「Rainy Night In Georgia」

    外は雨が降っています。雨をテーマにした曲は意外に多く、わりに歌にしや…

  4. MUSIC

    ミニマムでローファイなポップバンド / Men I Trust 「ONCLE JAZZ」

    SNSなどでよく「チル」するなんていう表現をみかけたりするけど、もち…

  5. MUSIC

    至福のライブアルバム / NORAH JONES 「’Til We Meet Again」

    今回は珍しく新譜の紹介です。皆さんはもう聴かれたでしょうか? このア…

  6. MUSIC

    明かりを落として深夜に小さな音で聴く秋のアナログ盤 Chet Baker 「CHET」

    気温もぐっと下がって紅葉の景色も楽しめるようになり、すっかり秋めいて…

CATEGORY

POST

  1. ミニマムでローファイなポップバンド / Men I Trus…
  2. リーズナブルで使えるフライパン / UNIFLAME ちびパ…
  3. 夏の音楽 part2  The Oldians 「Wande…
  4. 至福のライブアルバム / NORAH JONES 「’Til…
  5. 明かりを落として深夜に小さな音で聴く秋のアナログ盤 Che…
  6. クッカー マトリョーシカ / SWEET MENU 阿川泰子…
  7. 灯油ランタン FEUERHAND / BEN SIDRAN …
  8. 次世代のブラックファンクネス / The internet…

RSS LAKERIVER DESIGN LTD.

  1. MUSIC

    ミニマリストと音楽ストリーミングサービス / Jose James 「No Be…
  2. TOOLS

    クッカー マトリョーシカ / SWEET MENU 阿川泰子
  3. MUSIC

    引き算の美学 / The Ray Mann Three
  4. MUSIC

    ドクタージョンとAOR / CITY LIGHTS ’78
  5. MUSIC

    名脇役 スゥイートでメローなR&Bギター / DAVID T. WAL…
PAGE TOP