MUSIC

存在としてのオルタナ / NEIL YOUNG 「Homegrown」

ニール・ヤングといえば、70年代から活躍しているカナダ出身のミュージシャンで、どちらかというとフォークシンガー的なイメージが強いアーティストだと思います。
確かに70年代はそのフィールドにおいて活動していましたが、80年代、90年代、2000年代と変わっていく時代に合わせて様々な音楽スタイルを吸収し、次世代のミュージシャンとの共演し、その中でも圧倒的な存在感を示してきました。
エリック・クラプトンやボブ・ディランなんかと同じ、大御所ミュージシャンと横並びの存在には違いないのですが、もっと身近に感じるのがこの人の特徴だと思います。
いい意味で円熟していないというか、内省的でなんだか危なっかしいイメージとか。王道からいつも少し離れた、存在としてのオルタナティヴなんですよね。
その人間味溢れる存在感とその音楽に、結局僕らは惹かれるのかも知れません。

1972年にキャッチーな大ヒットアルバム「Harvest」の後、盟友を立て続けに亡くした悲しみもあってか、74年「On the beach」75年「今宵その夜」とどちらかというと暗く内省的なアルバムが続きます。
個人的には2枚ともわりに好きなアルバムなのですが、代表アルバムとして話題に上ることはあまりありません。
そして、ちょうどこの同時期に録音されにも関わらず、いろんな理由で発売には至らず、長い間お蔵入りになっていたアルバムが去年2020年にリリースされました。
それがこの「Homegrown」です。

1

2

雨が似合う夜 / Brook Benton 「Rainy Night In Georgia」前のページ

ギターロックバンドとしての一つの方向性 / Wilco「Sky Blue Sky」次のページ

関連記事

  1. MUSIC

    次世代のブラックファンクネス / The internet 「HIVE MIND」

    ジ・インターネットはアメリカ、西海岸のヒップホップバンド。一言でヒッ…

  2. MUSIC

    引き算の美学 / The Ray Mann Three

    The Ray Mann Threeの2009年のデビュー・アルバム…

  3. MUSIC

    日本語のロック / NEVER YOUNG BEACH / Yogee new waves

    日頃、自宅や仕事場でかける音楽は、ジャズやワールド・ミュージックがほ…

  4. CAMP

    灯油ランタン FEUERHAND / BEN SIDRAN 「Subterran Homesick …

    今日は奥深いランタンの話。たくさんの種類があり、それぞれに拘りやウン…

  5. MUSIC

    名裏方ミュージシャン / 佐藤博 「awakening」/ 鈴木茂&ハックルバック

    すっかり肌寒くなってきました。特に朝晩は。ランニング時のスタイルもタ…

  6. MUSIC

    ギャビー・パヒヌイ 夏を偲んで / PURE GABBY

    8月も最終日、夏が終わりますね。今年はコロナ騒動とは別にも色々とあっ…

POST

  1. MSR 燃料ボトルとウィスパーライト / MSR Whisp…
  2. アウトドアはじめ / Gregoire Maret Rom…
  3. 日本語のロック / NEVER YOUNG BEACH / …
  4. 至福のライブアルバム / NORAH JONES 「’Til…
  5. 次世代のブラックファンクネス / The internet…
  6. ミニマムでローファイなポップバンド / Men I Trus…
  7. ギターロックバンドとしての一つの方向性 / Wilco「Sk…
  8. 名脇役 スゥイートでメローなR&Bギター / DA…

RSS LAKERIVER DESIGN LTD.

  1. CAMP

    アウトドアはじめ / Gregoire Maret Romain Colin …
  2. MUSIC

    至福のライブアルバム / NORAH JONES 「’Til We Meet A…
  3. CAMP

    基礎の重要性 snowpeak ペグハンマー ソリッドステーク MSR ステイク…
  4. MUSIC

    引き算の美学 / The Ray Mann Three
  5. CAMP

    MSR 燃料ボトルとウィスパーライト / MSR Whisperlite Int…
PAGE TOP