CANOE

川面で逢いましょう / Khruangbin 「White Gloves」

シルバーウィークの中日、朝から土砂降り。天気予報を見ると昼からは晴れるとの事だったので、思い切って川遊びに。
三重県に向かって車を走らせること2時間弱、一向に止む気配のない雨の中、とりあえずテントを張り、車中で待機。
次第に雨は弱まり、止んだところを見計って、カヌーの組立て。
やった!晴れた。と思うのも束の間、昼からは逆にめちゃくちゃ暑いくらいの絶好のカヌー日和でした。
シルバーウィークにもかかわらず、誰もいない静かな川面はリラックスするには充分すぎるほどで、自然の絶景を存分に堪能しました。

1

2

湖上で逢いましょう/ NORDISK KALI DIAMOND 10 / FUJITA CANOE ALPINA2前のページ

クッカー マトリョーシカ / SWEET MENU 阿川泰子次のページ

POST

  1. ミニマムでローファイなポップバンド / Men I Trus…
  2. ギャビー・パヒヌイ 夏を偲んで / PURE GABBY
  3. 日本語のロック / NEVER YOUNG BEACH / …
  4. 美人3姉妹のガールズバンド / HAIM 「Women in…
  5. 雨が似合う夜 / Brook Benton 「Rainy N…
  6. 灯油ランタン FEUERHAND / BEN SIDRAN …
  7. 明かりを落として深夜に小さな音で聴く秋のアナログ盤 Che…
  8. 湖上で逢いましょう/ NORDISK KALI DIAMON…

RSS LAKERIVER DESIGN LTD.

  1. CAMP

    灯油ランタン FEUERHAND / BEN SIDRAN 「Subterran…
  2. MUSIC

    ご挨拶と自己紹介 THE FEARLESS FLYERS 「Flyers Dir…
  3. MUSIC

    引き算の美学 / The Ray Mann Three
  4. RADIO

    SEPTEMBER RADIO
  5. MUSIC

    心落ち着けるソロピアノ / KEITH JARRETT 「Melody at N…
PAGE TOP