MUSIC

オルガンジャズの巨匠 / JIMMY SMITHのアルバムあれこれ

前回に今回もまた引き続きジャズと言われるような分野の話です。退屈ですみません。
ブルーノートレーベルと言えば所謂黒人ジャズを得意としたブルージーな作品が多いのが特徴です。こちらの看板スター、オルガンジャズのジミー・スミスの数多いリーダー作の中から、比較的マイナーな1枚と、VERVEレーベルから王道とは言えないジャズ・ファンク、ソウル・ジャズテイストな1枚のアルバムの紹介です。

さて、オルガンとエレキギター、どちらもサックスやピアノ等、ジャズの王道の楽器と比べると、いくぶん脇役的な立ち位置の2つの楽器パートですが、これらは逆に恐ろしく相性が良く、オルガンジャズというとほんとエレキギターは欠かせないような構成になっていることが多いです。
なのでジミー・スミスの名盤というとやはりギターのケニー・バレルとの共演が、真っ先に思い浮かびます。
’58「Home Cookin’」、”60「Midnight Special」、’65「Organ Grinder Swing」等、どれも渋くブルージーな雰囲気で、オルガンジャズの大名盤と言われているものばかりです。ブルージーですね。

1

2

明かりを落として深夜に小さな音で聴く秋のアナログ盤 Chet Baker 「CHET」前のページ

リーズナブルで使えるフライパン / UNIFLAME ちびパン次のページ

関連記事

  1. MUSIC

    存在としてのオルタナ / NEIL YOUNG 「Homegrown」

    ニール・ヤングといえば、70年代から活躍しているカナダ出身のミュージ…

  2. MUSIC

    ミニマリストと音楽ストリーミングサービス / Jose James 「No Begining No …

    昔からもののデザインやプロダクトが好きで、気になるものを見つけるとす…

  3. MUSIC

    美人3姉妹のガールズバンド / HAIM 「Women in Music Pt. III」

    今回は最近の僕のランニングBGMを紹介しましょう。今年6月にリリース…

  4. MUSIC

    心落ち着けるソロピアノ / KEITH JARRETT 「Melody at Night With …

    普段、仕事の作業中も家にいる時も、基本的にいつも音楽を聴いている(と…

  5. MUSIC

    日本語のロック / NEVER YOUNG BEACH / Yogee new waves

    日頃、自宅や仕事場でかける音楽は、ジャズやワールド・ミュージックがほ…

  6. MUSIC

    名セッションピアノマンの初期2枚のアルバム / Richard Tee 「Strokin’…

    今回は、60年代半ばからセッションマンとして実に400枚以上のアルバ…

CATEGORY

POST

  1. 至福のライブアルバム / NORAH JONES 「’Til…
  2. いろいろ使えるチタンマグ雪峰M / Miss Mojo 「F…
  3. 引き算の美学 / The Ray Mann Three
  4. ギャビー・パヒヌイ 夏を偲んで / PURE GABBY
  5. ご挨拶と自己紹介 THE FEARLESS FLYERS 「…
  6. 名脇役 スゥイートでメローなR&Bギター / DA…
  7. 明かりを落として深夜に小さな音で聴く秋のアナログ盤 Che…
  8. 雨が似合う夜 / Brook Benton 「Rainy N…

RSS LAKERIVER DESIGN LTD.

  1. MUSIC

    ギターロックバンドとしての一つの方向性 / Wilco「Sky Blue Sky…
  2. CAMP

    基礎の重要性 snowpeak ペグハンマー ソリッドステーク MSR ステイク…
  3. MUSIC

    ギャビー・パヒヌイ 夏を偲んで / PURE GABBY
  4. MUSIC

    ミニマリストと音楽ストリーミングサービス / Jose James 「No Be…
  5. MUSIC

    次世代のブラックファンクネス / The internet 「HIVE MIN…
PAGE TOP